法人実印

法人実印は法務局へ登録する法人の代表印として重要な印鑑です。

法人実印の用途

会社設立の際に法務局に法人の権利義務関係を立証する為に登録しなければならないのが代表者印です。会社が重要な取引を行う際に契約書などで使用する場合もあります。

登記所に提出する印鑑の大きさは、辺の長さが1センチメートルの正方形に収まるもの又は辺の長さが3センチメートルの正方形に収まらないものであってはならないとされており(商業登記規則第9条第3項)、また、印鑑は照合に適するものでなければならない(同規則第9条第4項)とされています。

法人実印は外枠に団体名が回文として入り、内枠に代表者の役職名が入ります。法人の形態によって代表者の役職名の表記は変わります。