個人銀行印

個人銀行印は金融機関の出納に使用する重要な印鑑です。

個人銀行印の用途

銀行に新規口座開設の際に届出を行なう印鑑で登録する印鑑及び本人と確認出来る書類(免許証等)を持参し、手続きを行ないます。

大事な財産を守る意味や、実印を煩雑に扱わないためにも、実印とは別に用意しておくのが理想的です。