オノオレカンバ
オノオレカンバ

オノオレカンバは1ミリの幹が太くなるのに3年かかると言われていて名の通り「斧が折れるほどに硬く」印鑑として利用するのには最適な印材となっています。

昔から「金のなる木」と呼ばれ縁起が良いことからご自身の実印として使われる方や、「夫婦の仲が折れない」、「心が折れない」などの意味を込めて結婚や就職のお祝いなどの贈り物としてご好評いただいております。

印材として見た場合、斧折樺の特徴である「堅さ・キメの細かさ・重さ」は印鑑に最適な性質ですので、非常にお薦めです。

当サイトで比較検討した上で最適なオノオレカンバをさがしてみましょう。

管理人お勧めのオノオレカンバを扱っているサイトです→ハンコマン

オノオレカンバの特徴など

特徴 耐久性 強度 金額
「金のなる木」と呼ばれる印材 9/10点 「斧が折れるほどに硬い」印材 オノオレカンバ12.0mm
2,880円から販売

当サイトに掲載しているサイトのオノオレカンバ12.0mmサイズの平均販売価格は2,880円です、オノオレカンバの購入をお考えの方は価格はもちろん印材の品質、送料がどうなっているかなどを考えて検討することをお薦めします。

木製の印材としては古くから使われており、広く愛用されています。
※下記一覧はランキングなどではありません、オノオレカンバの取扱いがあるサイトになります。
サイトイメージ オノオレカンバ取扱いサイト一覧 送料
ハンコマン ハンコマン 送料無料
福富屋 福富屋 送料無料